1. 初めて見た「NHK人間マップ」

大場さんを知ったのは、NHKテレビの番組でだった。
スイッチを入れると雪の上をそりを引きながら歩く映像が流れていた。

その後、ねじめ正一氏がいろいろな話しを聞いてゆく、冒険者は、最上川で練習して
アマゾン川をイカダで下った話、その後、北極横断を3回失敗して4回目挑戦の準備を
している事等を熱っぽく話していた。今になってその時の私の気持ちを思い返してみ
ると、印象に残っているのは、明るい人で自分のやりたい事を、自分の出来る事から
やってゆくという。それも足の指、手の指がなくてもあきらめない、爽やかさを感じたよ
うな気がする。

お金を集める事もコツコツやっているようだった。みょうに気に成って名前を覚えた
「大場満郎」これが大場さんとの出会いでした。
テレビの中の大場さんは、誠実でねばり強く、自分のしたい事にチャレンジしている
喜びにあふれてみえた、番組の途中からはダビングをした。
時期は1996年の7月だったような気がする、大場さんは3回目の挑戦に失敗してまだ、
数カ月しかたっていない頃だった。

0
2. 足りないのは「ソリ」とお金

「人間マップ」の番組はをみて2ヶ月たった。
その間に2回ほどダビングしたテープをみた。不思議な事に見直す度に気になる気持
ちが増しているのを感じた。何人かの人にも話した。
「今、大場さんは順調に準備進んでいるのかな・・・」と話題にすると、「NHKに電話し
て聞いてみたら」と言われすぐ電話した。「7月頃放映された大場満郎さんの連絡先を
知りたいのですが?」番組担当者と話す事ができ、電話番号を教えてもらった。

志賀 「もしもし大場さんですか、人間マップという
    番組を見て応援したいと思って電話しま した。
    準備は順調ですか?
    足りないものは何ですか?」
大場 「ありがとうございます。足りないのはソリと
    お金が一番ほしいです」
志賀 「FRPのソリなら私の友人の会社で作れると
    思いますが紹介しましょうか?」
大場 「ぜひ宜しくお願いします。いつでも出かけて
    行きますので都合を聞いて下さい」

  こんなやりとりがあったのが1996年9月頃だった。
0

「ソリ」の製作を担当したJON72(株)スタッフ一同、大場さんの講演後の記念撮影
0
3. 「かんどう」

場さんのそりを造るためにJon72の鈴木社長と会う事になった。Jon72のFRP製造
技術(ハンドレイ)は高いレベルであり十分大場さんの要望に答える事ができると思
われたが、私が電話をすると鈴木社長は、命にかかわるような道具なので会ってい
ろいろ聞いてみてから返事したいと言った。

大場さんを鈴木社長へ紹介するために、常磐線磯原駅前で待ち合わせた、乗り降り
の少ない駅だったが大場さんは目立った。思ったより小柄なのが印象的だった。
駅前のベンチで二人で座りちょっと話した。

大場さんのもう一つの要望していた資金援助、100万の小切手を大場さんに、「これ
どうぞ」と差し出した。
大場さんは、「これは何ですか」と聞いた、「これは私の会社東北機工が北極海横断
のスポンサーになるものです」と答えると、大場さんは何を感じたのか、「ちょっと待っ
て下さい、帰って相談してみます」と言った。

私は何度も考えて決断して用意した資金であり、喜んで受け取ってもらえると思って
いたので、ちょっと拍子抜けしたような気持ちで小切手をしまった。
(その後連絡があり気持ち良く使ってもらう事になるのだが、)