20,事務局宛     4月11日 6:45AM  ・・・FAX


河野さんチームから聞いた話では、北極点補給時、寒さのため飛行機はエンジンを止めることができず、燃料節約のため大場さんと接触できる時間は、15分間から長くて60分間。相当慌しく、時間がないようです。

補給時にしたい事と優先順位

1 大場さんの鼻・指の凍傷の具合により続行可能かどうかの判断
  河野さんチームの大西君が補給時、同席した副操縦士に聞いた様子では、
  小鼻の一部(どの位かは不明)が掛けている。唇はパンパンに腫れていた
   という情報が入ってきています。大場さん希望の塗り薬、包帯などは準備
   済みですが、この先60日前後の冒険続行可能かを現地にて判断したいと思
   います。凍傷に関する治療方法、症状などに関しての情報を収集してFAX
  してください。

2 北極点以後の補給の有無と回数の打ち合わせ及び決定
  私の考えでは、2週間ごとに3週間分の食料・燃料・バーナー・その他を
   補給提案したいと思います。
   補給は5月5日、5月22日頃を予定としますが、大場さんの合図により
   実施します。

3 食料・燃料・要請品の移し変え。(多い分は持ち帰り、次回補給に備える)

4 無線機の手渡しと使用方法の説明書。通信時刻の決定。

5 着替えの交換。洗濯物を持ち帰り次回補給に備える。

6 激励メッセージ。(最上中学・事務局)

7 フィルム・日記・雪サンプルの受け取り。

8 アルゴス1台回収。

9 ロシア時間からレゾリュート時間への変更。(腕時計)

以上気づいた点を書きましたが、忘れていることが必ずあるはずなので、事務局でも再検討をお願いします。

テリーさんの所・ブラッドレー社共、たくさんのチームが入り混じっての対応ですので、できるだけ事前の詰が必要なです。それも人間的な接触が重要な要素になっています。ブラッドレー社はわかりませんが、テリーさんのところは、好意でサポートをやってくれているので、気を使ってお願いしている現状です。

昨日も朝、テリーさんとイギリス人との言い争いがあり、FAXを送るのをなかなか頼めない状態でした。FAX・電話は緊急の場合を除き、レゾリュート時間で、730から2230の間にお願いします。又私が日本に帰ってからの補給要請についても、FAX依頼だけではスムーズにいかない面もあるようです。

特に前回補給時のような判断に迷う場合が困ります。そのような時に間中さんは役立ってくれるはずです。彼も好意で協力してくれていますので、気持ちよくやってもらえるような配慮をお願いします。必要だと思われる情報は、できるだけ流してください。来週、ピーターさんに、ブラッドレー社へ連れて行ってもらい、グレックさんと打ち合わせをしたいと思っております。

今心配なのは大場さんの凍傷のことです。凍傷の治療ことがよくつかめていませんので、早めに情報をFAXしてください。昨日、最上中学から大場さんへの激励メッセージが9枚届きました。それを読んだら感激して涙がこぼれました。一度、緊急信号(イーパブ発信)が出たことでニュースが流れたため、真剣な言葉が感じられました。事務局からメッセージがあったらFAXをお願いします。事務局(村田君)も大変ですががんばってください。

                             志賀


21,「補給体制について」  4月12日 12:00PM  ・・・事務局宛FAX

0


大場さんの体調がそこそこで、冒険が続行できる場合、55日、522日頃の2回の補給が必要になってくると思います。その為には、無線機を持ってもらう事と、その無線交信を受ける人が、テリーさんのところへ居るのがベストです。

無線の基地局は共用で別棟にあり、各チームで時間を決めてやっています。2日おき若しくは3日おきに20分前後の会話をしています。電波の状態により、交信できない事もあります。ブラットレー社は、もう少し電波の状態が良い場所にあるので、ここよりは交信の状態が良いようです。この定時無線連絡により、補給日の決定、補給品の用意等をする訳です。

上記内容を考えると、村田君がこちらへ滞在するのが1番良いと思います。こちらへ来る日は4月28日出発が必要です。私は日本での仕事の都合もあり、4月29日レゾリュート発で帰国の予定をしています。村田君が4月29日にこちらに来るのであれば、私のレゾリュート発を5月6日に再度変更したいと思います。これなら引継ぎもスムーズにできて安心と思います。

必要となること

  間中さんへ・・またまた上記の内容で、帰国のスケジュールが変更になり
              ます。4月14日レゾリュートの空港カウンターで、レゾ
              リュートエドモントを5月6日に変更しますので、エドモ
              ントから成田行きのチケットの手配をあたってみてくださ
              い。できれば今のチケットを変更手数料がかかっても有効
              に使えれば助かります。わかったらFAXをお願いします。

  古川君へ・・・コールマンのピークTストーブは、輸入元から提供を受け
              ているようです。探してみてください。帰国スケジュール
              が上記の内容で変更になります。5月6日、5月7日、5月
         8日と東京東三菱の講習スケジュールが入っています。

               野林さんと連絡をとって、スケジュールをこなせるように
              手配してください。納入先のカルテに全て書いてあり、先
              方もそのスケジュールを組んでいると思います。野林さん
         にも今までの
FAXを見せて状況を説明してください。

         4月末の支払いについて、問題があれば事前に連絡くださ
         い。支払いに使う印鑑を手配しますが、電話だけでも済む

              と思います。大場さんの荷物の補給は、村田君がやること
              になると思いますが、パスポートの手続きはしておいてく
              ださい。費用は事務の志賀さんに話してもらってください。

村田君がこちらへ持ってくる補給物資は、早めに集めておいたほうがいいと思います。村田君が来ることに決定したら、これから先の補給品は、村田君の住所へ送った方が時間的ロスが少ないと思いますが、内容物の間違いがないかを古川君と連絡をとり、確認しながらやった方が良いと思います。現在手配済みの物をリストにして、いつ手に入るのかを表に作ってこちらへFAXして下さい。

無線機の説明書がきたらすぐFAXしますが、河野さんのチームの方に使い方を聞いて、メモに書き準備しておきます。またアンテナを張ることも必要なので、1・2度ここでテストすることを予定しています。アルゴス発信機回収については、重さをできるだけ軽くするという事から、今回無線機を持つ事になるので1台は回収したいと考えています。

村田君の帰国スケジュールについては、自分の予定もあると思いますが、できるだけ後にしておいた方がいいです。それとテリーさんのところは1泊15,000円位かかります。1ヶ月450,000円の予算をみなければなりません。現在テリーさんのところにある資金は、私の滞在費を差し引いて(1週間滞在が延びたのを加えて)2000カナダ$(約20万円)位あると思います。

                             志賀忠重