31,事務局宛  4月29日   ・・・FAX

まず大場さんの動いている状況の予測が難しいです。アルゴスデータにより、大場さんが寝ている間(動いていない時)に流されている距離及び時間と行動中の距離及び時間が分かればありがたいです。このデータがあると、北極点到達の予測がつけやすいからです。今日夕方こちらに来るアルゴスデータによってファーストエアー社に補給日の予約をしたいと考えています。ただしすでに5月2日まで、フライトスケジュールがいっぱいです。フライトデー決定についてはあくまで大場さんからの補給要請(小アルゴス受信後)と考えています。 前回補給時の打ち合せにより、私の考えでは、北極点での補給が必要と思われます。

○理由

@前回補給時無線で、そり・ハーネス・ロープ・凍傷薬等についての希望がありましたが、凍傷の薬以外
 は時間がなく投下できませんでした。

A大場さんは空腹以外は問題ないと言っていたが、鼻の凍傷により欠けているのはほぼ間違いなく、症
 状の判断の必要がある。

B今年の天気は例年より2週間程春のおとずれが早く、気温が上がっている。(ラス機長、ピーターさん、
 ウェインさん(観側所の人)の話)加えて大場さんの予定だった、北極点到達日(4月23日)よりかなり
 遅れているので、今後冒険を続行するにしても、荷物を軽くする必要が条件となるので、補給回数を増
 やしたい。

Cイーパブの電池がすでになくなっており、前回空中投下した無線機による交信もできてない。(距離せい?)大場さんがアルゴスだけでは不安を持っている。

以上により、以下の準備をしている。

      イーバブ代替品、無線機代替品、寝袋(交換用)
      食料、燃料(3週間分)
      そり、ハーネス、ロープ、その他補充品
      今年の気候データ、今後の補給可能回数と資金残

ファーストエアー社には、アルゴスデータをそのままFAXしたほうが良いと思います。彼らは大場さんの動きを予測してくれるでしょう。(あまり長いデータはまずいでしょう )

斎藤さん(デジタルハウス)への返事

ファーストエアー社は、非常にたくさんのチームのフライトをかかえているのとその他定期使、プラス北極点ツアー等をしており、忙しいです。通常ツインオッター機3機を現在5機集めて対応していますが、ピリピリしており、その中でうまくスケジュールをはさんでもらうのは大変です。その事をうまくやっていくのはピーターさんやテリーさんの助けがあって初めて可能です。できるだけ彼ら(ファーストエアー、テリーさん等)に不満のでないような対応が望ましいと考えています。私の考えはお金が十分入っていれば、結構です。

すでに今までファーストエアー、テリーさんには大場チームは迷惑をかけています。2度のイーパブの発信。前回も、ファーストエアーは緊急フライトの体勢をとり、彼らのスケジュールをみだしています。また、テリーさんには鈴木君が来て早々、共用電話回線を独占し、他チームがFAX、電話をかけられなかったいきさつがありました。彼は夜中までコンピューターで仕事をしており、かぜをひき、同室にいる私は補給時、大場さんにうつしては、と思い、余分な気苦労でくたびれました。

前回の補給時にも身動きできない程の荷を持とうとしているので、少なくしてもらえないとまずいですよと話したら、「私は体重が軽いからいいでしょう」という発言があり、蓮見さん(体重がある)とぶつかる場面もみうけられました。斎藤さんからのはげましのファックスが裏目に出たのでは、こちらで必要なのは現場での調和です。これがないとスムーズに行くものは一つもありません。テリーさんのところでは、大場さんだけの準備を受けてくれているのではなく、多くのお客様の対応をしてくれているのが実状です。

それと私は、コンピューターは全くできません。但しこれについては、もし必要な場合には、蓮見さんが彼の会社のプログラマーを私個人にボランティアで派遣してくれる案も出ています。斎藤さんの言われるように、他チームの回線を借りるというのも御礼をすればいい問題ではありません。大変な気遣いの必要なものなので、もし簡単に回線が引けるものなならという事で、村田君に話した訳です。ピーターさんに聞いたところ、回線を引くのには相当な時間がかかるようです。

私がコンピューターをこちらにセットしたいと希望した背景は、事務局との連絡(アルゴスデータのこちらでの受信を含め)を密接にできればいいという考えです。現在の我々の持ち時間から考えれば斎藤さんの考え方でいいと思います。できるだけFAXをまめにやりとりした方がいいと思います。私が言いたかったのは、回線機材、人間、ソフト、あらゆる物を含めてすぐに手に入る方法・・・(費用がかからずに)があるかどうかを検討してもらえたらいいなと思ったのです。上記の事より現在大場チームが必要なのは資金の援助だと思います。そちらの方向での話を進めてもらえるようお願いします。

また、ご存知だと思いますが、私の帰国スケジュール5月6日から5月13日に変更しました。場合によっては再度のばすことも考えています。帰ると大変だと思いますが、ここ一番の山場と認識しています。今後共、宜しく御支援下さい。

                                                                                            志賀忠重