4、「かんどう」-2

その後、車でJON72の会社へ行きソリについて、いろいろな打ち合わせをした。
大場さんの考えでは、ノルウェーから買ったそりにもう一つ軽いそりを作り、普通は重
ねておき開氷面に出会った時に双胴船のようにして使いたいというものだった。

鈴木社長は大場さんの話しを聞き、他の仕事が忙しいなか、そりの製作を無料で作る
事を引き受けてくれた、その上、大場さんの講演会を企画して資金を集める事に協力
もしてくれる事になつた。鈴木社長とは同じ飛行機仲間であるが、うてばひびくような
この反応に嬉しさと共に頼りになる仲間というのを再認識させられた。

大場さんと鈴木社長と私との三人の会話の中で大場さんがこう言った。
「志賀さん「かんどう」って知っていますか? 私17年前に家から勘当されてしまったん
ですが、家に二度と入れないというのを最近知ったのです。」「親子の間に勘当なんて
無いですよね親子の縁は一生切れるものじゃないですよね」
これを聞いて「大場さんは言葉は知らないが、人と人との気持ちのわかる人なのだな」
と思った。こうして大場さんと私の行き来が始まった。

0
5、 大場さんは変わってますね!



小名浜の海で「ソリ」の浮力試験をしている様子

1996年10月下旬、

JON72に依頼していた「そり」が完成し大場さんとそりの実験をする事になった、心配
だったのは、そりを2台並べて浮かべて、人の重さと150kgの荷物を積んで海水の上
でうまく動かせるか、どうかだった。その為、実験の場所をいわき市の小名浜港でやる
事にした。

東京在住の私の友人、土谷さん(写真家)夫婦も手伝いにきてくれた。講演会を後、
磯原にある温泉に一泊してのんびり話しをした、初めて指のない足もみた、土谷さんは
「写真を撮らせてもらっていいですか?」と聞いたりしていた。

私は大場さんに「大場さんは変わっていますね、3回失敗してもよくやりますね」というと
「志賀さんほどじゃないよテレビを見て電話をして来て応援しますと言ってきた人はいま
せんよ」と言われた、これを聞いて私はたくさんの人が大場さんのテレビを見て気持ち
を動かされているものと思っていたので逆に「本当ですか?電話なかったのですか?」
と聞き直した。

こんなやりとりをしながら私にできる事があったらと、いろいろ
北極海横断に必要なものを知りたくなって行くのを感じていた。



                            うぐいす谷温泉にて
                               土谷さん・大場さんと共に
6、「2週間北極へ来てくれませんか?」

1996年11月上旬頃
そりの海上テストをして2週間位たった日の夕方私の携帯電話に大場さんから電話
が入った

大場 「志賀さん、北極点での食料と燃料の補給に来てもらえませんか?」

志賀 「えっ!いつ頃ですか?」

大場 「今度の計画では4月20日前後に北極点到着を予定しています。一回だけ
      補給受けますので2週間位前に北極のベースキャンプに入ってもらえれば
      いいのですが。」

志賀 「2週間でいいのですか?でも北極といったら寒いでしょう、
      私経験ありませんよ、寒い所での着るものもありませんし」

大場 「大丈夫です、私用意して送りますから、良い経験になりますよ。」

志賀 「誰か他に頼む人いないのですか?」

大場 「暇な人やアルバイトやいろいろな人いますが、この荷物が届かないと
      私の生死にかかわりますから、自分が納得いく人に頼みたいと思って
      います。」

 こう言われて頼りにされると私は引き受けてしまうような人間だった。
 引き受けるのは良いが、何もわからない事が不安だった。
 補給品は大場さんが準備して私の着る被服と共に会社へ送って来る事となったが、
 いつ、どのような合図で北極点まで行くのかは、この時全く分かっていなかった。
 このようにして着々と私の北極行きは進んで行くのだった。